お線香も色々~ご先祖様も喜ぶ?

神仏



毎日お仏壇に手を合わせる奥様とイッサン。

ローソクに火をつけ、お線香を焚きます。

そんなお線香にも色々な種類があるんですね~。

お仏壇

神棚とお仏壇の話~お家にありますか?仏様編
各家庭に必要なんです。長男だから、次男だから何て関係ありません。お仏壇なんて今のモダンな家には合わないと言う方もいらっしゃいますが、絢爛豪華な金ぴか仏壇でなくても、小さい物でかまいません。必ず仏壇は必要です。

以前も書きましたが、仏教徒なら、お仏壇は各家庭に置いてあるのが普通なんです。

今の時代は目に見えるものしか信じられない、そんな時代なので、神様や仏様を信じる人も少なくなってきました。

人間、「死んだら終わり」ではありませんので、今こうして生まれてきている事に対し感謝の気持ちを持つとともに、「ご先祖様あっての自分」と自覚し、お仏壇を持ち、ご先祖様に感謝の気持ちと、成仏できていないご先祖様には成仏して頂けるように、しっかりと手を合わせましょう。

お線香

なぜお線香を焚くのか?

お線香を焚くことで、心と体が清められると言われています。

他にも、お線香の煙があの世とこの世をつなぐ架け橋にもなっているとか。

そんなお線香には、色々な種類があります。

イッサン家が愛用しているお線香がこちら。

株式会社 大発の「わかば」と言うお線香です。

中身はこんな感じ。

抹茶のような緑色で、これまた香りが良い。

昔は、「花梨」と言うお線香を使っていましたが、親戚の家で嗅いだお線香の匂いが良く、銘柄を聞いてみると「わかば」でした。

お線香によっては最後に独特の灰臭さが出るのですが、こちらの「わかば」はそれが無いので、良い香りが続きます。

この匂いに慣れているので、「わかば」を焚いていると落ち着きます(^^)

ちなみに、煙はしっかりと出ますので、煙が少ない方を好む方は向かないかも知れません。

オススメですので一度試してみて下さい(^^)

お線香って、どうも年寄臭くて・・・とお感じのあなた!

こんなお線香もあるのです。

株式会社 孔官堂の「チョコレート」

中身はこんな感じ。

まさにチョコレート色。

匂いはと言うと、チョコレートのような香りがほのかに香る感じ。

煙は殆ど出ません。

「ザ線香」と言うのが嫌な方には良いかも知れません。

他にはこんなお線香も。

カメヤマ 株式会社の「サクマ いちごみるく」のお線香です!

カメヤマとサクマのコラボ商品ですね(^^)

中身はこんな感じ。

ピンク色の少し短いお線香。

焚いてみると、甘い香りが広がります。

これなら子供たちも喜んでお線香をあげてくれそうですね(^^)

お次はこちら。

株式会社 梅栄堂の「珈琲の香りのお線香」です。

こちらはお試し品として頂いたも。

中身はこんな感じ。

色は黒で煙が出るタイプ。

コーヒーがダメなイッサンには向かないお線香でした(^^;

でも、生前、コーヒーが好きだった方に、このお線香をあげるのは喜ばれるかもしれませんね(^^)

最後に、こちらもお試し品。

株式会社 梅栄堂の「家電好文木」

中身はこんな感じ。

こげ茶色したお線香で煙が出るタイプ。

こちらは、初詣なのでお寺や神社へお参りに行った際、よく嗅ぐ匂いに似ています。

良い香りです(^^)

何を基準に選ぶか

お線香を選ぶ基準は、やはりお線香をあげる方が、その香りを気に入るかどうかです。

不快な匂いを嗅ぎ続けるのは苦痛ですので、手を合わせるあなたが気に入ったお線香を焚いてあげましょう。

仏具屋さんに行くと、このほかにも沢山のお線香が陳列されています。

どのお線香がどんな匂いなのか分からないと思うので、試供品などを頂くと良いと思います。

お仏壇がない部屋でも、たまにお線香を焚いてやることで、その場が浄化され邪気を払うこともできるそうです。

気になる部屋があれば、一度お線香を焚いてみるのも良いかも知れません。

その際は、お香立てを使い、それをお盆や器に入れて、火事だけは起こさないようにしましょう。

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
神仏
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました