ついに注意を受ける~近場のスケボースポット潰れる

スケートボード

 



毎週日曜の夕方に1時間くらい滑らせてもらってた近所の企業の駐車場。

本日遂に近所の住人から注意を受けてしまいました。

環境

その場所は近所の企業の駐車場で、周りには民家もあります。

駐車場はそこまで広くはないですが、路面の状況は良くて結構滑りやすい駐車場。

近所の子供たちも広場として使ってボール遊びをしたり、鬼ごっこをしたりと、憩いの場。

自宅から徒歩で行けることもあり、近くてとても便利でした。

苦情

その企業の創業者のご親族の方にも公認を頂いてましたが、近所の住人からの苦情というのはまた別もの。

いつものように滑っていると、駐車場のそばの垣根の隙間から中年の男性が、「毎週毎週うるせーなー!いい加減にしてくれるかなぁ!」と言ってきました。

その垣根の向こうのお家は、三姉妹ちゃんの同級生の女の子のお家で、そこのお子さんもその駐車場で一緒にスケートボードをやったことも。

その中年男性の顔は良く見えませんでしたが、まさかその子のお父さん??

まぁ、どなたであっても苦情が上がればそこで滑るわけにもいきません。

その駐車場には監視カメラが設置されており、企業の方に聞くと、以前その駐車場に止めてあった従業員の車が何台も傷つけられていたそうです。

一生懸命働いて車に戻ってくると、大切な車が傷つけられているなんて・・・。

悲しすぎますよね(>_<)

車には何の罪もありません。

苦情があるのなら直接会社に言うべきであって、車を傷つけていい理由にはなりません。

車好きなイッサンはそう言うの人一倍嫌悪感です。

そんな過去があるとちょっと勘ぐってしまいますが、その企業さんにも迷惑が掛かってはいけませんので、本日でその場所では滑らないようにします。

次なる場所を求めて

今日から近所をリサーチです。

車で5分や10分で行けるくらいならベスト。

でも、なかなかないだろうな。

やはり、一刻も早くスケートボードパークを作らねば。

いや~、遂に来たかと言う感じです。

僕たちは良いですが、子供たちが不憫でなりません。

せっかく頑張って練習している子もいるので、早急にかたずけなければならない課題です。

皆さん、良い場所が見つかる事を祈っていて下さい。

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
スケートボード
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました