アイリスオーヤマのシーリングライトを取り付け~中身の説明もあります

リフォーム

 



楽天市場で注文していたシーリングライトたちが続々と入荷。

早速取り付けていきましょう

シーリングライト

最近のシーリングライト~貼り替えついでにリニューアル
リフォーム中の部屋に買った電気のお話し。蛍光灯とLEDの電気代についても。皆さんのご家庭はまだ蛍光灯を使っていますか?それならいち早くLEDに交換してください。電気料金が家計に優しくなるはず。

シーリング(Ceiling)とは英語で天井のこと。

シーリングライトとは、天井に直接貼り付けるような形で設置するタイプの照明器具です。

天井に直に取り付ける照明なので、 ぶら下がりタイプに比べ、天井からまんべんなく照らすので、部屋が明るくなります。

今回は全部屋をシーリングライトに交換です。

開封

届いたシーリングライトがこちら。

これだけ買っても25,000円ほどでした。

それでは早速開封です。

今回の助手は三女ちゃん(^^)

バリバリ~っと袋を開けていってくれてます。

先ずは10畳の部屋に使うシーリングライトから。

中身はこれだけ。

シーリングライト本体、リモコン、電池、取り付け用アダプター、リモコンホルダーです。

シーリングライト本体の裏面です。

ここを天井の差込口にカチッと差し込むだけ。

先ずはシーリングライト本体のカバーを外します。

中身はこんな感じ。

無数のLEDチップが見えますね~。

LEDチップの色が微妙に違うのですが、これが調色の秘密かな。

取付

カバーを外した本体を取り付けてみました。

カバーをつける前に動作確認を行いましょう。

カバーを付けてから不具合に気づくと、またカバーを外す手間が掛かりますので。

壁のスイッチでオンします。

眩しっ!(笑)

皆さん、直視しないように気をつけましょう(^^;

バッチリ点灯しましたので、ここからはリモコンで遊んでみましょう。

リモコンがこちら。

超小型のリモコンで、単四電池1本で動きます。

スイッチには「切/入/常夜灯」、「明るく」、「暗く」、「白色」、「暖色」、「切タイマー」と6つのボタンが。

それぞれ、1回ずつ押しても変わりますし、ボタンを押しっぱなしにすると、連続して段階が切り替わるようにもなっていました。便利!

そしてイッサンが一番うれしかったのがこれ。

常夜灯も付いていたこと。

それネットの説明に書いてませんでしたやん!と、嬉しいツッコミ。

常夜灯も明るさを2段階調整可能!

こりゃ~良い機能ですね~(^^)

そしてカバーを装着。

からの~常夜灯はこんな感じです。

良き良き(^^)

そしてライト全開!

まだ昼間なので、明るさはよく分かりません(^^;

夜が楽しみですね(^^)

同じ商品がこちら↓↓


それぞれの部屋へ

各部屋のビフォーアフターをご覧ください。

先ずは10畳のお部屋。

分かりにくいですが、サイズもコンパクトに。

続いて8畳のお部屋。

吊り下げタイプからの変更です。

そして6畳のお部屋。

こちらも同じく吊り下げタイプから変更です。

最後に納戸。

和室用の電気から、コンパクトなシーリングライトへ。

小さいながらも1,200ルーメンの明るさ!

点灯するとこんな感じ。

納戸なら十分な光量です。

実に良い買い物が出来ました。

これからの生活も明るくなりますね(^^)

アイリスオーヤマのLEDシーリングライト、お勧めです!

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
リフォーム 家電 節約
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました