コセルゴⓇカプセル~大学病院に聞いてみた

三姉妹

9月の27日に公開された、アストラゼネカによるセルメチニブの製造販売承認の取得情報ですが、他にも情報はないか大学病院に問い合わせてみました。

コセルゴⓇカプセル

イッサンがこちらでずっと書いていたセルメチニブですが、一般名称は「セルメチニブ硫酸塩」です。

よくよく読み返してみれば「コセルゴ」として書かれてある記事もあります。

このコセルゴⓇカプセルですが、既にこの様な文献を発見しました。

コセルゴカプセル10mg/コセルゴカプセル25mg

既に、処方箋医薬品として今年の9月に載っています。

こちらにはコセルゴⓇカプセルの色々な情報が載っており、最初の方に赤文字でこの様に書かれていました。

1.警告
本剤は、緊急時に十分対応できる医療施設において、本剤についての十分な知識と神経線維腫症1型の治療の十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投与すること。

先ずは掛かりつけの大学病院で確認です。

他にも、コセルゴⓇカプセルについてかなり詳しく書かれていますので、読んでみてください。

大学病院に電話

早速コセルゴⓇカプセルについて電話で問い合わせしてみたのですが、先生はご存じなかったようです(^^;

おかしいな~、大分大学附属病院の先生は、病院の先生の方が情報は早いからと言っていたのに。

また何か分かり次第連絡を下さるとのことでした。

もっと積極的に情報収集して下さる先生はいないのでしょうか。

長女ちゃんが生まれて間もない頃からお世話になっている大学病院ですが、当時の先生は方は皆さん他の病院に行かれて誰も残っていません。

1人でも残っていてくれ違っていたかも知れませんね。

重要なのはコセルゴⓇカプセルがいつ使える様になるのか。

先ずはここが決まらないと先に進みません。

大学病院に頼らず、自分の力で情報をキャッチしないといけませんね。

皆さんもしっかりとアンテナを張っておきましょう。

本日はこの辺で。

「イッサン」は保育園の時に友達から付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)

次女ちゃん→HSC,場面緘黙,母子分離不安症(小2で不登校気味→保健室登校→別室登校→現在は殆どの授業に参加中!)

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の43歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

色々な経験を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
三姉妹 健康 子育て 家族 対処法 長女
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました