ワクチンについて考える~コロナにインフルエンザ

Uncategorized

イッサンは新型コロナウイルスのワクチンを2回接種しました。

インフルエンザのワクチンは、過去に3回くらい接種しています。

ワクチン

中には本当に効くワクチンがあるのかも知れません。

イッサンも勉強不足ですが、実体験を交えて話してみようと思います。

最後に新型コロナウイルスのワクチン接種をしたのは昨年の9月。

副反応は殆どありませんでした。

「新型コロナウイルスのワクチンは効かない」だとか「意味がない」、「利権が絡んでいる」など、SNSを通して色々な噂話を耳にします。

そして、アメリカでは、新型コロナウイルスのワクチン接種をした人の癌の発症率が1432倍になったと発表がありました。

日本でも、新型コロナウイルスのワクチン接種率最高の秋田県の死亡率が最高に増え、接種率の低い沖縄の死亡率が一番低いと言うことまでも分かりました。

イッサンがインフルエンザに感染したのは過去一度です。

インフルエンザワクチンを接種した年にインフルエンザに感染しました。

これは紛れもない事実です。

それからは一度も接種していませんが、インフルエンザに感染していません。

ワクチンって本当に、純粋に人の為に作られたものなのでしょうか?

そこには利権が大きく絡んでいるとしか思えません。

陰謀論でも何でもなくて、海外のメディアなどを見て見ればよ~く分かりますが、日本の国民は思考停止していて、テレビで言っている事を鵜呑みにしています。

それを皮肉った話がTwitterにも挙がっていて、「日本人は、テレビで猫のウンコを食べると健康にいいと言うと本当に猫のウンコを食べる」と言った書き込みです。

まさにその通りだな~と感じました。

必要ではない人がワクチンを打つのはリスクしかありません。

イッサン家では

子供たちに新型コロナウイルスのワクチンを接種させる気はありません。

新型コロナウイルスのワクチンに含まれる成分が、子宮を攻撃すると言うことも分かっています。

子宮にある卵子は生まれてきたときにその数が決まっていて、新たに作られることはありません。

その大切な卵子のある子宮を攻撃されたらどうなるか分かりますよね?

新型コロナウイルスに感染しても軽傷で済む健康な子供に、わざわざリスクの高いワクチン、効果のないワクチンを打たせる方がおかしいと思わざるを得ません。

そう言った観点から、イッサン家の子供たちにはワクチンを接種させていません。

実際に

今年の8月に新型コロナウイルスに感染してもみんな軽症でした。

元々健康で、基礎疾患もありませんので当然かと思います。

皆さんもワクチンを打つ前に、本当にそのワクチンを打っても良いのかよ~く考えましょう。

調べれば何でも分かるものです。

日本と言う国が諸外国と比べてどの様な対応をしているのか。

それはなぜなのか。

もう皆さんも分かってきていますよね。

分かってきていると信じたいです。

本日はこの辺で。

「イッサン」は保育園の時に友達から付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)

次女ちゃん→HSC,場面緘黙,母子分離不安症(小2で不登校気味→保健室登校→別室登校→現在は殆どの授業に参加中!)

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の43歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

色々な経験を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
Uncategorized 対処法 新型コロナウイルス
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました