中学校生徒指導員として一年間ヤンキーと過ごす(前編)

過去の経験

アメリカから帰国してハローワークで職探しをしていた20代半ば。

ふと目に留まった中学校生徒指導員募集の求人。

しかも教員免許なくてもOK。

こんな経験滅多にできない!と自分の五感がザワついたのを覚えています。

 



とりあえず問い合わせ

「ダメもとで良いので」

ハローワークの職員さんに連絡して頂くと、直ぐに面接となりました。

面接先は県の教育委員会。

出向くと担当者の方が一言。

「ここで面接して合格しても、いざ現場の中学校へ行くと皆さん辞退されるので、直接中学校の校長と面接してください。」

なるほど。

要するにヤンキーにビビッて辞めていくのですね。

腕が鳴ります(笑)

現場の中学校

と言うことで向かった先は現場の中学校。

校門を抜けると、左手に見える保健室のテラスで早速ヤンキーのお出迎え(笑)

テラスで寝そべってまったりしてるヤンキー達に話しかけてみることに。

「職員室は何階?」

「2階!おめー先生?」

「いや、お客さん。ありがと!」

「おぉ!」

中学一年生のヤンキー三人。

まだあどけない顔してボンタンに短ラン。

格好はいっちょ前です(笑)

2階の職員室に向かい、校長先生と教頭先生にご挨拶。

早速面接です。

面接

物静かな校長先生と体育会系の教頭先生。

予め履歴書に目を通していた教頭先生から一言。

「早速だけど、履歴書を見る限りでは転職回数が多いようだけど理由は?」

僕はその都度会社を辞めた理由をテンポよく答えました。

教頭先生は続けてこう仰いました。

「今まで面接に合格した人の中には、家電量販店で店長をされてた方や、教員免許を持った方もいましたが、皆うちの中学校に来たら辞退されました。あなたはこの学校に来てみてどうでしたか?」

僕は「ヤンキーの子達を相手にするのは好きです。早速保健室前で一年生のヤンキー達と話をしました。是非ここで働いてみたいです。」

アメリカに行っていた事にも興味を持ってもらい、教頭先生が一言。

「聞いたことの返答のテンポも良いし、アメリカにスケートボードをやりに行ってたことなんかも生徒に話してくれたら、彼らの為にもなるからうちの中学校としては是非来てもらいたい」

教頭先生が校長先生に「校長先生も問題ないですよね?」と聞くと、校長先生は深くうなずいてくださいました。

即決です。

明日からでも来て欲しいとまで言っていただました。

それだけ問題は深刻なのでしょう。

初出勤

出勤初日。

職員室で先生方に挨拶を済ませ、教頭先生と生徒指導の先生にこの中学のヤンキー情報を教えて頂きました。

早速三年生の番長T君にご挨拶。

「T、今日からこの中学校に来たイッサンっていう先生じゃけん、よろしくな!」

「ほんまぁ!よろしく!俺らの面倒見る為にきたんじゃろ?イッサンって昔ヤンキーじゃったろ?だって雰囲気が先輩に似とるもん」

するどいT君(笑)

そりゃロン毛に茶髪だしね。

「そんなことないない!(笑)とりあえずよろしくな」

「分かった!とりあえず皆集めるは!」

と言って、ヤンキーの男女総勢15名を僕の前に招集し、皆に自己紹介してくれました(笑)

「この先生、今日から俺らの面倒見てくれるイッサンじゃけん。おめーら変な事するなよ!」

何だか早速番長のT君と仲良くなりました。

そのグループの頭を押さえるのは鉄則ですね。

生徒に向けて校内のテレビ放送で挨拶しました。

「今日からこの中学校で生徒指導を行うイッサン先生です。趣味はスケートボードです。よろしくお願いします!」

ロン毛で茶髪の先生。

生徒にはどう見えてたのでしょうか?

ヤンキーの女子たち

女子も7人くらいヤンキーの子がいました。

茶髪で化粧もして制服も着崩しちゃってる感じで、ギャルのファッション誌に出てくるような感じ。

みんな結構素直で良い子でした。

僕の事は下の名前にちゃん付けで呼んでくれてました(笑)

この子達も今は三十路。

時がたつのは早いものです。

本日はこの辺で。

イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
過去の経験
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました