人はみんな話したい~聞き手に回ることの大切さ

人生

人はみんな自分の話を聞いてもらいたいのです。

興味

人は一体何に興味があるのか?

それは「自分」です。

「自分」に興味が無いと言う人は少ないのではないでしょうか?

そんな「自分」の事なので、人に話したくなるのは当然です。

悩み事や自慢話、家族やペット、趣味の話。

たくさん聞いてもらいたい事があるでしょう。

では「他人」はどうでしょうか?

つまり「自分以外の人」の事に興味があるのでしょうか?

好きな相手、尊敬する相手ならば、興味も湧くでしょう。

しかし、普通の知人同士がその「自分以外の人」の事に関する話を聞きたいと思うのでしょうか?

例えば「共通の話題」があるのなら話は弾むでしょう。

それが興味のない「一方的な話」だと、聞かされている相手が楽しいわけありませんよね。

仲の良い友人や家族ならそんな話も聞いてくれるでしょうが、職場の同僚や浅い関係の知人などからすると「つまらない話」となってしまいます。

好感

相手に好感を抱く瞬間ってありますよね?

それは、相手の性格や職業かも知れませんし、趣味や話し方、接し方かも知れません。

更にはその人が元々持っている「オーラ」の様なものなのかも知れません。

誰にでも愛される人っていますよね。

でもそんな人、なかなかいません。

では、どうやったら好感を抱いてもらえるのか?

それは最初の「興味」に関係してくるのです。

相手

最初に書いてある通り、人が興味あるのは「自分」です。

となると答えは簡単。

その「自分」に関するを話させてあげることです。

要するに、聞き手に徹すると言うこと。

とにかく相手の話を聞いてあげる。

相手に色々と質問する。

これをすることで、ただ聞いているだけなのに「あの人と話をしていると楽しい」とか「面白い」となるのです。

特に女性に対しては積極的に話を聞いてあげましょう。

その効果は絶大です。

助言

もし、相手の話を聞きまくっていて、なにか助言がしたくなるとします。

そのタイミングですが、決して話の途中に助言はしないこと。

「自分」の事を聞きまくってあげて、相手がスッキリした瞬間を見計らって助言するのです。

相手は話しまくってスッキリしているので、他の人の意見を聞き入れやすく、大したことではなくても心に残ります。

そうすると相手はその助言に対して「なるほど!そうしてみるね!」と素直に聞き入れてくれ易くなるのです。

ここで大切なのは、助言を長々としないこと。

人の興味は「自分」>「他人」です。

言いたい事を簡潔に伝えることが大切。

イッサンはよくしゃべる性格ですが、話しを聞くのも得意です。

人が話したくなる聞き方を心がけています。

例えば、相手の目を見ながら聞き、話しの合間合間に相槌をするとか。

人が話したくなる聞き方を心がけるだけで、自分の味方や仲間が確実に増えます。

人間一人では生きて行けませんので、一人でも多くの仲間を作りましょう。

更に言うならば、人の話を聞くだけでも人の為になります。

皆さんも少し気にしてみて下さい。

イッサンはこの方法で会社の若い子たちの心を掴んでます。

部下に好感を抱いてもらえると、色々な場面で助かります。

仕事ばかりするのではなく、たまには休憩がてら話を聞いてあげると良いでしょう。

皆さんは人の話を聞いていますか?それとも自分の話を聞いてもらっていますか?

本日はこの辺で。

「イッサン」は保育園の時に友達から付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)

次女ちゃん→HSC,場面緘黙,母子分離不安症(小2で不登校気味→保健室登校→別室登校→現在は殆どの授業に参加中!)

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の43歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

色々な経験を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
人生 仕事 対処法
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました