今年のクリスマスプレゼント~子どもの成長と共に

三姉妹

クリスマスの季節がやって来ました。

毎年恒例のサンタさんへのプレゼントのお願いに変化が。

昨年は

クリスマスについてのうんちくはこちら。

クリスマスイブの前日~奥サンタクロースの準備
サンタクロースの由来と、なぜ赤い衣装なのかにつて書いてみました。皆さんがよく耳にする、コカ・コーラ話は本当なのでしょうか?更に、サンタクロースはどうして生まれたのか?気になりますよね?

三人とも玩具やぬいぐるみをお願いしていました。

イッサン家では、毎年24日の夜にイッサンタがリビングに置いてあるクリスマスツリーの前にプレゼントを置きます。

寝室から、そのクリスマスプレゼントを確認しに行く三姉妹ちゃんの様子を撮影するのが毎年の恒例となっています。

嬉しそうに大喜びする子どもたちを見ると、こっちまで幸せになります(^^)

昨年の長女ちゃん

昨年のクリスマスの前に、サンタさんからもらうプレゼントを決めている際、こんなことを言っていました。

「欲しいおもちゃが無い」

当時小学5年生でしたので、そろそろおもちゃを卒業する歳?でもあるのかも知れないな~と思いました。

しかし、当時ハマっていた「ストプリのぬいぐるみが欲しい」となり、それをサンタさんにお願いしていました。

そもそもストプリも少し大人なお姉ちゃん向けのアイドルグループ?みたいなものなので、やはり子どもが好きな「ザ・おもちゃ」と言うのは卒業していたのかも知れません。

少し寂しい気持ちではありますが、こうして成長していくのですね。

タママサンタ

イッサンの母の姉であるタママ。

毎年12月に、三姉妹ちゃんにクリスマスプレゼントを買ってくれます。

今年は、イオンモールのおもちゃ売り場に行きました。

三女ちゃんはしゃべる犬のぬいぐるみ、次女ちゃんはミニチュアのおもちゃ、そして長女ちゃんはと言うと、欲しい物が無いので、ついにお小遣いをもらいました!

おもちゃよりお金の方が勝ってしまいました(笑)

今年のクリスマスプレゼント

三女ちゃんと次女ちゃんはおもちゃに決まっています。

長女ちゃんはやはりお金にするそうです(^^;

イッサン家では、クリスマスプレゼントがお金になった段階で、こう説明しています。

「サンタさんはお金はくれないから、お金が欲しかったらサンタさんにプレゼントは頼まずに、パパたちがお小遣いをあげるようにするからね」

と言うことで、長女ちゃん6年生でクリスマスプレゼントを卒業することになりました。

何だか寂しいですが、これも仕方ありません。

すでに昨年は、「サンタさんって、ホントはパパやママじゃないよなぁ??」とかなり疑っていました(^^;

三女ちゃんの手前、もちろんきっぱりと否定しましたが、同級生なんかは既にクリスマスプレゼントは親が買ってくれていると知っている子もいます。

隠し通すのも限界がきてますが、何とか押し通してみましょう(笑)

さて、そろそろサンタさんにクリスマスプレゼントの注文をしますかね。

本日はこの辺で。

「イッサン」は保育園の時に友達から付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)

次女ちゃん→HSC,場面緘黙,母子分離不安症(小2で不登校気味→保健室登校→別室登校→現在は殆どの授業に参加中!)

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の43歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

色々な経験を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
三姉妹 子育て 対処法 長女
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました