夏休みの終わりが見えてきた~何だか僕も寂しい気持ち

スケートボード

 



長女ちゃんと次女ちゃんの、長い長い夏休みのゴールが見えてきました。

在宅ワークをしながら、長女ちゃんと次女ちゃんが家に居る生活に慣れていたので、少し寂しい気分。

残り1週間程の、ちょっと変わった生活を満喫しましょうかね~

夏休み明けあるある

学生はこれでしょう。

「学校行きたくない・・・」

そうですよね。

大人でも、お盆休みなどの長期休暇明けは、「し、し、仕事行くの面倒くさい・・・」ってなりますので。

一番気になるのは次女ちゃん。

大学病院に診察に行った時の次女ちゃん

一時、不登校気味になっていて、奥様、学校の先生方、お友達やその保護者の皆様のお陰で、保健室登校が出来る様になり、通級指導教室でのサポート、徐々に授業参加時間も増えて、良い調子でした。

それが、夏休みに入り、リセットされたら・・・。

なんて考えてしまったりもします。

その時になってみないと分からない事は考えない様に。

それが我が家の鉄則。

長女ちゃんの病気の事もそう。

取り越し苦労になる事が多いので。

人間は、不安に思うことの90%がその通りにならないと言う実験結果が出ています。)

それに、次女ちゃんが学校へ行く行かないは、僕の影響の輪の外側の話。

最大限サポートはしますが、最終的に決めるのは次女ちゃん。

以前、書いたかもしれませんが、「馬に水を飲ませる為に、水辺に連れて行って無理やり飲まそうとしても、飲むか飲まないかは馬が決める」。

水辺までは連れて行きますが、飲むか飲まないかは本人次第。

さあ、始業式、どうなるかな??

5年生の長女ちゃん

思春期と言うのか何と言うのか、夏休み前によく言ってたのが、「クラスの男子がウザイ!」

そういう年頃なのかと思いますが、確かに、長女ちゃんのクラスには、上げ足を取ったり、屁理屈ばっかり言う男子が居ます。

大人の僕でも話しててイラっとするくらい。

親御さんが目の前で行儀してやろうかと思うほど(笑)

その子も父親にはビビっているそうなので、お父さんに任せましょう。

長女ちゃんにはこう言ってあります。

「男子は精神年齢低いアホばかりだからほっときなさい」(笑)

僕が5年生の頃の方が、まだ女子に対して紳士的だったと思います。多分(笑)

女子との関係は良好なので問題ないでしょう。

初めてスケートボードをやった時の長女ちゃん

この夏休みを一言で

スケートボード!

僕はこの一言に限ると思います。

思い起こすと6月末。

長女ちゃんの、「スケートボードやってみたい!」という言葉に始まり、三姉妹ちゃんたちみんながスケーターに。

長女ちゃん初滑りの記事はこちら↓↓

長女ちゃん&次女ちゃんスケートボードを始める!
長女ちゃんと次女ちゃんがスケートボードを始めました。ちょっとびっくりしました。スケートボードはよくケガをするので、愛娘には勧めたくはないのですが、娘達の方から「やりたい」となれば別ですよね。

新型コロナウイルスの蔓延により、どこにも出かける事なく、近所でスケートボード三昧。

スケートボードに助けられた夏でした。

地方でも新型コロナウイルスの感染者数がかなり増えています。

地域によっては学校の夏休みが延長されてます。

幸いにも、うちの地区の小学校は通常通り。

でも、この1週間でどうなるか分かりませんね。

気を緩めず、感染対策を万全に。

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
スケートボード 三姉妹 次女 長女
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました