外壁塗装その後~トラブルを一発で解決する方法

リフォーム

最後に色々とやらかしてくれた外壁塗装。

その結末とトラブルが起きた際の解決法について書きます。

結末

終わり良ければすべて良し~残念な足場屋さん
外壁塗装後の足場の撤去時に外壁やその他にキズがついていました。仕事が雑な業者さんは大嫌いです。きっちりしてくれる業者を選定するのは難しいのかな。
人間の成長~外壁塗装で考えさせられたこと
人の失敗をどうとらえるかで大きく変わってきます。人間の成長に欠かせないのは失敗です。その失敗を糧にするかしないかの違いですよね。

外壁でキズの入った箇所はタッチアップの補修で終わり、コンクリートも補修されました。

コンクリートに関しては納得いってませんが、もう言うのも面倒なのでこのままで良いかと思います。

問題は屋根です。

足場を解体する際に、1階部分の屋根に土足で上がられたので、足形が付き、キズも入っていました。

先日それを塗装屋さんが水を流しながらモップでゴシゴシしてくれたのですが、数か所あったキズは消えず、そこをどうするかと言うことになりました。

塗装屋さんからは1階の屋根の部分だけ塗り直しの提案があったのですが、深いながらも小さいキズも3か所くらいでしたので、塗り直しは断りました。

屋根も外壁同様タッチアップ補修を依頼。

それでは申し訳ないと言うことで、値引きさせてほしいと提案がありましたが、そもそも知り合い価格で安くしてもらっているのに、そこから更に値引きしてもらうのは申し訳ないので何度かお断りさせて頂きました。

しかし、それでは塗装屋さんも納得がいかないと言うことで、3万円だけでも値引きさせてほしいと提案されたので、受け入れることに。

落としどころですね。

トラブルを一発で解決するには

皆さんならどうします?

もし自分がミスをして相手を怒らせてしまったら。

とりあえず電話で謝罪しますか?それともメールしますか?

そんな事をしていると、火に油を注ぐようなものです。

もし、そのトラブルを解決したいなら、相手がどんなに遠くにいても、相手の所まで会いに行く事です。

わざわざ出向くことで、相手にも誠意が伝わり、更に、人間、面と向かって話をすると、そんなにもキツイ事を言えなくなるものです。

電話やメールは相手の顔が見えないだけに、言いたい事が言えたり書けたりします。

ですので、電話やメールだけでトラブルを解決しようと思っていても無理なんですね。

「ご足労」と言う言葉があります。

足労という言葉自体に「足を使って移動することに対する疲れや労力」という意味があります。

相手の所まで会いに行った段階で、既に労力を使っていると言うことです。

そんな相手を目の前にして、人間なかなかキツイ言葉を掛けることは出来ません。

先ずはその方に会いに行く。

それで一発解決です!

今回のイッサンもそうです。

自分の所まで来て頭を下げて下さる人間にキツイ言葉は掛けられませんし、顔を見ると逆に許せてしまうのです。

今回は値引きと言うところで落としどころを付けましたが、その値引きですら何度も断りました。

この様に、何かあれば先ずは出向く。

そして顔を合わせて話す。

面倒だからと言ってメールなんかで逃げ切ろうものなら最悪の事態になるでしょう。

皆さんも今後の人生の参考になさってください。

本日はこの辺で。

「イッサン」は保育園の時に友達から付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)

次女ちゃん→HSC,場面緘黙,母子分離不安症(小2で不登校気味→保健室登校→別室登校→現在は殆どの授業に参加中!)

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の43歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

色々な経験を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
リフォーム 対処法
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました