影響の輪の内側~外側に抵抗するな

お得

自分が影響を与えられる範囲のことを「影響の輪の内側」といいます。

その逆が外側。

対人関係

普段仕事をしていると、理不尽なことに遭遇します。

それは対人関係が殆ど。

そなってくると、対処するのはこの2択になります。

相手を変えるか自分が変わるか

皆さんやりがちなのが相手に代わってもらおうとすること。

これ、一番やっちゃいけないんです。

気づいていらっしゃる方も多いと思いますが、他人を変えることに掛けるコスパの悪さったら相当なものです。

だって、他人は自分ではないんです。

生まれ育った環境も違うので、考えていることなんて全く違うかもしれません。

そんなブラックボックスに手を突っ込んで、まさに手探り状態で相手の考え方や行動を変えていくなんて無理ゲーそのもの。

しかし、情熱のある人ほど「俺ならあいつを変えることができる!」と錯覚を起こし、息巻いて取り組むも、結局玉砕するか、思い通りにならず腹を立てて損をするかしかないのです。

変われる人間、変わりたいと思っている人間は素直ですので、理不尽な人はそういません。

この無駄な努力は、まさに「影響の輪の外側」に注力してしまうという失敗例です

会社

会社でもそうです。

会社組織を変えようとすると相当な力が必要になります。

ましてや自分が一社員であるならなおのこと。

そこに気づかず、「自分がこの会社を変えてやる!」と思い、努力しても、実らない事の方が圧倒的に多い。

そこに悩み、心の病気を患ってしまった人も見てきました。

今いる会社を変えるよりも、自分で会社を作る方が手っ取り早い!

リスクもありますが、自分で会社を作れるくらいの技量、力量、思いが無い人には、到底今の会社を変えることもできないでしょう。

これもまた、「影響の輪の外側」に向けて注力して疲弊する一つの要因です。

自分でコントロールできること

これしかないのです。

自分で影響を与えれるものって限られています。

先ずはそこを見極めること。

そしてそこに注力する。

例えば対人関係。

他人を変えるよりも自分が変わる。

会社の問題は自分が会社を変えたいなら、それなりの努力をする。

会社のトップに立ちたいともうなら、そりゃあもう大変な努力が必要です。

もしそれで社長になったとしても、株式会社なら株主の力の方が強いので、そこでも問題が起きるでしょう。

自分が影響を与えられる「影響の輪の内側」を見誤らないように注意し、「影響の輪の外側」には捕らわれない。

それだけで人間の悩みは大きく減ります。

その為にも、沢山の本を読み、知識をつけて自分の事を深く理解し、自分で自分をコントロールできる人間に成長しましょう。

ここで言いたかったのは、短い人生の中で、余計なことに時間を割あないようにということ。

そのためには、自分を磨く勉強も必要です。

しっかりと本を読み良い物は取り入れながら実践し、本当の自分を築き上げていく。

それこそが人生において大切なことかと考えています。

影響の輪の内と外をしっかりと認識し、自分が影響を与えられる範囲だけを考えましょう。

本日はこの辺で。

イッサン

「イッサン」は保育園の時に友達から付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)

次女ちゃん→HSC,場面緘黙,母子分離不安症(小2で不登校気味→保健室登校→別室登校→現在は殆どの授業に参加中!)

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な小学1年生!

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の44歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

色々な経験を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
お得 人生 仕事 便利 健康 学習 対処法
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました