新しい板を買いました(後編)~スケートボードを詳しく解説

スケートボード

新しい板を披露する前に、スケートボードについて少しお話ししますね。

スケートボードって日本ではマイナーなスポーツ。

やってる人が少ない分、教える人も少なく、環境は悪いです。

そりゃ日本に居てはなかなか育たないですよね。

僕は更にもう一つ理由があると思います。

スケートボードが続かない理由

どんなスポーツでもそうですが、急に上手くはなりません。

スケートボードも例外なく。

更に言うなら、他のスポーツと比べて、スケートボードは上達するまでにかなりの時間が掛かります。

その理由を説明しますね。

ただスケートボードに乗るだけなら直ぐにでも乗れる様になるでしょう。

それから更に恐怖心を払拭し、自由に板に乗れる様になるまでに少し時間が掛かります。

ここまでは皆んな気合いで何とかします(笑)

大変なのはここから。

乗れた後に初める最初の技、オーリーをマスターすることです。

このオーリーをマスターするまでに挫折した友人を何人も見てきました。

ちょっと練習してコツを掴めればオーリーが出来る様にはなるんですが、そこから安定したオーリーが出来るまでに時間が掛かるのです。

何度も何度も繰り返し練習していくしかないので、そこで飽きてしまう人、安定したオーリーが出来ないまま次の技に移り上手くいかず辞めてしまう人。

何事も基本が大切。

僕はそう思います。

先ずその基本の技でるオーリーをマスターする事こそが、先の技の安定にも繋がると考えています。

オーリーの壁を越えられる様に、周りにサポートしてくれる人がいれば安心です。

スケートボードスクールに積極的参加するとか、地元のスケーターに混ぜてもらうとか、色々な方法で仲間を増やしましょう。

仲間が増えることで励みになりますので。

新しいスケートボードお披露目

今回はトリック用とクルーズ用の両方を新調しました。

先ずはトリック用です。

裏も表も真っ白なブランクデッキ。

ブランクデッキとは、メーカーがプリントする前の無地のデッキのこと。

とてもシンプルですが、何が良いって、メーカー品よりも金額が半額!

それでいて品質はメーカーと同じ。

特に拘りが無ければブランクデッキで十分です。

ちなみに、メーカー品の定価は11,000円。

ブランクデッキは5,000円程。

ここで僕は言いたい。

日本のスケートボードは高すぎる!

アメリカではメーカー品の定価で65ドルくらい。

日本円で7,150円ほど。

アメリカより35%も高いのです!

日本でメーカー品のスケートボードを普通に買えば30,000円近くなります。

若い子が初めるにはちょっと高価ですよね。

親が積極的に応援してくれてるなら良いですが、自分のお小遣いだけだとちょっと厳しいですよね。

更に本気でやり始めるとヘタすると毎月新しいデッキが必要になる事も。

そりゃ、日本ではなかなか普及しなくですわ。

いつかこの価格をぶっ壊したいですね。

話はそれましたが、新しいデッキ。

デッキの上にはデッキテープ と言うものを貼ります。

ヤスリの様なザラザラしたテープです。

普通は黒いデッキテープ なんですが、今回はデッキがブランクなのでデッキテープ を柄物に。

それがこちら。

僕は迷彩が大好物なのでデッキテープ も迷彩を選んでみました。

貼った状態がこちら。

良い感じですね〜。

乗るのが楽しみです。

クルーズ用デッキ

続いてクルーズ用デッキ。

前まではトリック用デッキでクルーズ用としてましたが、今回はちゃんとしたクルーズ用デッキを購入しました。

それがこちら。

クルーズ用はREALTREEと言うアウトドアブランドとHUFと言うウエアブランクのコラボデッキ。

柄は大好きな迷彩。

こちらのボードに貼るデッキテープは普通の黒に。

貼るとこんな感じ。

こちらも良い感じに貼れました。

クルーズデッキを組む事に。

おぉ〜、良い感じ!

早速試乗!と思いきや、雨が降ってまいりました。

残念。

感想はまた後日。

本日はこの辺で。

イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
スケートボード
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました