楽しくをモットーに~楽しくなくては続かない

人生

 



何事もそうですが一番は楽しむこと。

それが答えだと思います。

仕事

イッサンの学生時代。

的屋(テキヤ)のアルバイトをしていました。

的屋とは、お祭りや花火大会などに出店している露店商のとこ。

初めての持ち場は「カンコロ」と呼ばれていた、ジュースとビールの販売。

次は「爆弾キャンディー」

それから「くじ」

これらは、特に技術無く販売できます。

経験を積んでいくと、次第に、「牛串」「りんご飴」「焼きそば」「イカ焼き」「大判焼き」など、調理して販売する持ち場について行きます。

僕は最終的に、殆ど「焼きそば」担当として働いていました。

給料は結構いい方だったと思います。

しかし、この的屋のアルバイト、お祭りの時に店を構えるので、友達なんかとお祭りに遊びに行くなんて不可能です

遊びたい盛りの学生。

それでも、的屋を辞めずに働いていた理由は、「楽しいから」でした。

何が楽しいのかと言うと、仕事の内容が楽しいのではなく、仲の良い友達たちと一緒に働けていた事が楽しかったのです

だから、そこには、「辞める」と言う概念は存在しませんでした。

社会人になるまで、しっかりと続けていました。

ちなみに、今の仕事が楽しいかと聞かれると、楽しくはありません(笑)

スケートボード

昔、こんな経験をしました。

僕のスケートボード腕前を認めてくれたショップが、スポンサーになってくれる事に。

初めてのスポンサーで、とても嬉しかった事を憶えています。

スポンサーと言っても、お金を頂くのではなく、スケートボードやスケートボード用のシューズを支給してくれる、現物支給でした。

それでも、学生のイッサンにはとても有難い事。

スポンサーの為にも頑張ろう!と意気込んでいました。

県外の大会にも参加したりしていましたが、その際の新幹線代などまで頂き、とても良くして下さいました。

しかし、その大会の前日、前入りしていた僕は、練習中に足首を捻挫。

無念にも、大会出場は出来ず、そのまま帰る事に。

当時若かったイッサンは、恥ずかしさと、申し訳なさのあまり、サポートしてくれていたショップに、何も報告できませんでした。

今考えると、全くもって礼儀知らずなやつやな!と猛省しております(>_<)

今、そのショップはありませんが、当時のオーナーさんに会ったら、「あの時は旅費まで出して頂いたのに、ケガで出場できずに申し訳ありません」と一言お詫びしたいです。

1か月もすれば、足は治り、徐々にスケートボードが出来る様になってきたのですが、スケートボードをする度に、そのショップの事を思い出し、何だか楽しめませんでした。

楽しいから続けていたスケートボード。

お世話になった方々の為に滑る。

お世話になった方々の為に頑張る。

この時点で、若いイッサンは、何か背負ってしまった事に気づきます。

過去を振り返ると、自分が楽しいから、自分の心や体を充実させる為にスケートボードを楽しんでいたのに。

今思えば、そのままで良かったのですが、少し悩んでいた時期がありました。

この様な悩みを、周りに相談できる人もいませんでした。

高校生時代のイッサン

今ならハッキリと分かります。

それは、「自分がスケートボードを楽しむことが、スポンサーの利益になる」です。

当時、悩むくらいなら、そんな気持ちになった時点でスポンサーを断れば良かったな(^^;

やはり、自分が楽しめないと、何の意味もありません。

今は凄く楽しんでスケートボードに乗れています。

ちなみに、スポンサーは募集中です(笑)

ブログ

よく、「毎日更新してるなんて凄いですね!」って言われます。

確かに、客観的に見ると凄いことかもしれません。

でも、今のイッサンにとっては苦ではありません。

雑記ブログなのでネタに困る事も少ないですし、こうやって、思いを活字にするのも少し楽しいですしね(^^)

3月末に始めて、既に180もの記事を投入出来ました。

やはり楽しむことは大切だということですね。

楽しいこと、やってますか?

特に仕事で「楽しい!」って思いながらやってる人は少ないのかな?と思います。

そんな方々は、イッサンを見習って、楽しくない仕事は、良い意味でテキトーにやって下さい(笑)

緩急をつけると言った方が良いかな?

そんな器用なこと出来ない!って人は、是非転職を考えましょう!

今はまさに大転職時代!(笑)

2020年の転職者はなんと319万人!

更に、その転職者のうち30%以上が年収アップしているそうです!

楽しくない仕事は直ちに辞めましょう(笑)

直ぐに転職しないにしても、転職活動をして、色々リサーチしてみましょう。

新しい道が開けるキッカケになるかも知れません。

楽しい事、見つけましょう。

本日はこの辺で。



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
人生
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました