母の入院~ちょっとした勘違い?

健康

入院中の母ですが、面会のことで勘違いがありました。

コロナ禍ですので仕方ないのでしょうね。

面会

前回の話はこちらから。

母入院~気になる体調と対応
乳がんステージ4の母が、食事できなくなり入院しました。痛みのせいで食事する元気が出なくなったようです。入院の様子と今後について書き巻いた。

入院して初めて母の姉である「たまま」が面会できました。

その際に、今後入院を継続するのか、退院するのかについて母と話をすることに。

母は、まだ入院しておきたいと言うことで、もうしばらくは入院することになりました。

もうしばらくと言っても、もしかしたらこのままずっと入院することになるかも知れない、それくらい体調は良くないようです。

そして、その面会が行われた際に、病院の方から、「週に1回なら1人まで面会できる」と言う様な説明を受けており、「面会する人は2人に限定して下さい」とのことでした。

母の姉である「たまま」は是非面会してほしいと思っていたので、後はイッサンと兄のどちらにするか悩んでいました。

イッサンの中では、長男である兄に面会をお願いしようと思っていましたが、ダメもとで病院に3人までダメか、確認してみることに。

病院に確認

電話で説明をして、どうにか面会を3人にしてもらえないか話してみました。

その時の看護師さんから「主治医と相談して連絡いたします」と言うことで、電話を待っていました。

その日の夕方、病院から電話が。

その話の内容をまとめるとこういう感じです。

  • コロナ禍で原則面会は出来ません。
  • 週1回2人までとしたのは、洗濯物や患者さんの欲しい物を持って来られる人の人数である。
  • 面会できるのは、病院側からの要請があった時で、例えば容体が急変したとか、余命が後何日となった場合。
  • 前回面会できたのは、今後の話をして頂く為の面会だった。
  • 患者さんの様子は電話してくれたら伝えられます。

とのことでした。

コロナ禍ですので、どの患者さんも基本的には面会は出来ないそうです。

病院側の説明が悪かったのか、こちらの受け取り方が悪かったのか、勘違いが生じて週に1回面会できると思っていたようです(^^;

病院側ももっと分かり易く説明してくれれば良かったのですが、今となっては記憶の話なので分かりません。

母に気力があれば、スマホでビデオ通話など出来るのですが、数日前に送ったLINEも未だに既読にならず。

それだけしんどいのでしょうね。

悩んだ数日間

結局面会は出来ないのですが、この数日間少し悩みました。

イッサンか兄か。

これで面会出来ないとなればもう一生会えないのか?とも思ったり、逆に、今の状態の母に会うのも少し怖い気もしたり。

そんな状態の母に会って冷静でいられるのかなぁ?とか、泣いてしまわないかなぁ?なんて考えたり。

病院からの連絡で、面会できないと分かった瞬間、残念な気持ちと、少し安堵した様な変な気持ちになったのを覚えています。

イッサンは冷酷な人間なのだろうか?とも少し思ったり。

人間の思考の複雑さを感じた瞬間でした。

母の病状

イッサンの中では、母の退院は正直言って難しい気がしています。

本人の体力や気力もそうですが、痛みもありますし、昨日の看護師さんの話では、医療麻薬の量も少しずつ増やしているとのことでした。

医療麻薬を使うと、その麻薬に体が慣れていくので、その量を増やしていかなくてはならないそうです。

それプラス、他の痛み止めを併用していて、今のところ我慢できるくらいの痛みなのだそうです。

そんな状況なら人間誰しも病院にいる方が安心なのだと思います。

母もそう考えているのではないでしょうか。

ずっと寝たきりでもなく、たまに起き上がってベッドに腰を掛けているそうですが、トイレまで行く元気がなくて、部屋にポータブルトイレを置いているそうです。

益々退院は難しいのだろうなと感じました。

看護師さんが、「お母様は携帯電話をお持ちでないのですか?」と聞かれたので持っているけどLINEを送っても既読にならないと伝えると、「息子さんが心配していたので、LINE見てあげて下さいと伝えておきますね」と言って下さいました。

これが良いのか悪いのか分かりません。

LINEを見てほしいのはこちらのエゴで、母はしんどくてそれどころでないのでしょう。

母からすれば余計なことなのではないかと思います。

こちら本意で動くのも良くないとは分かっているのですが・・・。

また病院に連絡して、母の病状を聞いてみましょう。

少しずつでも食事の量が増え、体力も取り戻せたら、気力が戻ったら。

なんて考えますが、本人はとても痛くてしんどいのでしょう。

母は今、何を思っているのだろうか。

また母と話せる日は来るのだろうか。

いや、きっと来るはず。

本日はこの辺で。

イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
健康
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました