猫の糞被害再び・・・~もう勘弁してー

対処法

 



この世に100%と言うことは無いと、以前勤めていた会社の大先輩に教わっていました。

まさにその通りなようです。

様々な対策

過去の対策まとめがこちら↓↓

完結!さらば猫の糞被害
猫を撃退する術を身に付けました!これでもう怖いものなし。3ヶ月に渡る戦いに終止符。猫の糞被害は本当に苦痛でした。発見した時のあの匂いと絶望感と怒り。言い過ぎました(笑)でもやっぱり嫌な物は嫌。撃退できてスッキリしました。

この様に様々な対策を講じてきましたが、まだ被害に遭っています。

加害猫は子猫を産んだようだし、今後も続きそうです(T_T)

今のメインの対策はトゲトゲの付いたマットを敷くことにより、物理的に侵入させないようにする作戦。

では、どんな場所にどうやって糞をやられたのか説明していきますね。

今回の被害箇所はココでした。

こんな隙間に

ブロックを挟んで右側が砂場、左側が花壇となっています。

白く囲んだ石の見えるほんのちょびっとだけの隙間。

ここに糞をするなんてまさに執念(笑)

あまりにも隙間がなさ過ぎて、どうやって糞をしたのか考えてみましたが、すぐに答えは見つかりました。

全体像

こんな感じです。

恐らく加害猫は、花壇と砂場の境界に使っているブロックの上から糞をしたと思われます。

確かにそうですよね。

このブロック、猫に「通って下さい」って言っているようなもの。

この上を歩けなくするには・・・

対策完了

糞をされたが所周辺に、匂い消しの為に米のとぎ汁を撒きました。

米のとぎ汁、久しぶり(笑)

これ以上お金を掛けたくないので、今回の対策はあり合わせです。

庭にある大き目な石を並べてみました。

これでここも通れないはず。

もっと詰めて置いた方が良いのかな?

白く囲んだ箇所が今回の被害現場です。

あ、そうか、ここにも大き目の石を置いておこう。

これで防御率が格段にアップしたはず!

でも、猫って器用に隙間を歩いたりしますので、もしかしたら、これでもやられるかも。

ちょっと様子を見てみます。

またまたやられましたね~。

ブログのネタになるのは良いのですが、糞の後始末をするのは嫌なものです。

全く来なくなる日を夢見て、今日も就寝します。

皆さん、良い対策があればコメント下さい。

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
対処法
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました