誰かに使って頂ける~リサイクルって素敵なこと

リフォームを行う上で出てくる大量の不用品。

使えない物もあれば、まだまだ使える物も。

以前から奥様と「処分したいね」と言っていた言葉を形に変えてみました。

子どもたちとの思いで

不用品の中で大半を占めるのが子供用品。

その内訳はと言うと、おもちゃ、ベビーベッド、チャイルドシート、バウンサー、抱っこ紐、子供服など。

ちなみにイッサン家はおもちゃが一番多かったです。

それらを捨ててしまうのは簡単ですが、「これ懐かしい!」と思えるものや、まだまだ使えそうな物も沢山あります。

かと言って、買取してもらえるほど程度が良いのかと言うと、そんなでもありません。

何かいい方法がないかとネットで調べていると、住んでいる市で、子供用品をリサイクルする取り組みをやっていたのです。

三姉妹ちゃんがその年年(としどし)で遊んでいた思い入れのある物たち。

これらがまた誰かの役に立つのならと、市のリサイクルプラザなる所へ持ち込むことにしました。

持ち込んだ物

厳選した持ち込み品はこれらにしました。

  • チャイルドシート×2
  • ベビーカー
  • バギー
  • バウンサー
  • ベビーベッド
  • ぬいぐるみ

これらを車に積み込んで、いざ出発です。

リサイクルプラザは、ごみ処理場と併設してある為、もしリサイクルプラザが引き取ってくれない場合は、そのまま粗大ごみとして引き取ってもらう事に。

もちろんその場合は料金が発生します。

チャイルドシートやベビーカーには、多少のシミも付いているので、「殆どの物は引き取ってくれないかもね~」なんて話をしていたら、あっという間に到着です。

結果は

受付に向かい、用紙に記入し、持ってきた物を確認して頂くことに。

出入り口付近まで車を回し、一番手前にあったチャイルドシートを見るなり、「あ、説明書もあるんですね!とても助かります(^^)」と言ってほとんどの物を引き取って頂けました(^^)

これらがこれから誰かの役に立つと思うと、良いことした気分にもなりますし、再利用してもらえて嬉しい気持ちにもなりました。

受付の方の話を聞くと、チャイルドシートなどは需要が高く、直ぐに引き取り手が決まるそうです。

説明書や付属品も全て取っておいて良かったです。

これからもしっかり役立ってね(^^)

唯一引き取って頂けなかったのがベビーベッドでした。

三姉妹ちゃんが使った思い出のベビーベッドで、結構綺麗だったのですが粗大ごみとして引き取って頂きました。

ちょっぴり寂しい気持ちでしたが、まぁ仕方ない。

気になる引き取り料を聞くと、なんと330円

早速支払って指定の場所に置いて帰りました。

これから他の方の役に立てるイッサン家の子供用品たち。

しっかり頑張って来るんだよ(^^)

再利用されて役に立てるし、家もスッキリするので最高です。

皆さんも捨てる前に考えてみて下さい。

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
対処法
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました