門松を作る~長女ちゃん、子供学級での作品

子供学級

 



自主的に参加する子供学級。

地域の方や先生方と、色々な体験をさせてくれます。

今回はそこで長女ちゃんが門松を作りました。

子供学級

以前、イッサンもボランティアで参加してきました。

その際はスポーツをしたのですが、子供達と一緒に体を動かすのは楽しいですね(^^)

その時の記事がこちらになります↓↓

子供学級でお手伝い~スポーツを楽しむ
子供学級でのスポーツのお手伝いをさせて頂きました。種目は3種目。30名の児童と9名の高校生のお姉ちゃん、4名の保護者と2名の先生で一緒になってスポーツです。今回は色々な球技に挑戦しました。

この時はスポーツでしたが、主に公民館で物作りが多いのかな?

去年なんかは手話の勉強なんかもやってました。

とても良い取り組みだと思います(^^)

門松

お正月に家の門の前に飾られる門松。

どんな意味があるのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

門松
正月に家の門の前などに立てられる松や竹を用いた正月飾り。松飾り、飾り松、立て松とも言う。新年の季語。古くは、木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。
~Wikipedia~

家の門の前に飾ることによって、年神さまが来て下さると言うありがたい飾り。

この様な意味なども子供学級では教えて下さるので、子供たちもとてもいい勉強になりますよね(^^)

さて、長女ちゃんの作った門松はどんな飾りになっているのでしょうか?

長女ちゃん作

こちらが長女ちゃんの作った門松になります。

じゃじゃん!

本格的で立派な門松です!

凄く良いものが作れたのではないでしょうか(^^)

記念に長女ちゃんと門松をパシャリ。

大きさも分かると思いますが、まぁまぁ良いサイズです。

飾るのが楽しみです(^^)

いつ飾るの?

早いところでは12月13日から飾るそうですが、一般的には12月28日から飾り付けるそうです。

もし、12月28日を逃した方は、12月30日に飾りましょう。

注意して頂きたいのが、お飾りなどを飾ってはいけない日があると言うこと。

それは、12月29日と12月31日

なぜ飾ってはいけないかを説明いたします。

12月29日に飾るのは、「苦立て(二重苦)」で縁起が悪いと言う事だそうです。

12月31日は、「一日飾り」と言って、お通夜飾りに似て、神様に失礼に当たると言われています。

ですので、決して12月29日と31日にはお飾りや門松を飾らないように注意しましょう!

いつ片付ける?

お飾りや門松を飾るのは、一般的に1月7日までと言われています。

1月7日までは、「松の内(神様のいる期間)」と呼ばれていて、新年のご挨拶などが行われるこの日までは飾っておきましょう。

地域によっては1月15日(小正月)まで飾るところもあるそうです。

今ではお飾りをしない家も多いと思いますが、こう言った行事は大切にしたいですね。

年神さまを招いて、新年も良い年にしたいですしね(^^)

今年は長女ちゃんのおかげで、初めて門松を飾ります。

飾る日にちを間違えない様に。

来年も良い年にしたいですね(^^)

皆さんのお家は、お飾りや門松を飾りますか?

飾っていないお家も、今年は飾ってみてはいかがでしょうか?

皆さんも、年神さまを招いて良い年にしましょう。

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
子供学級 神仏 長女
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました