2年連続!スケートボードをやりにニューヨークへ(最終話)

過去の経験

7泊もあっという間に終わり奥様の帰国の日&僕の帰国のお話しです。

 



奥様帰国当日

朝6:30に家を出て、タクシーで空港まで送りました。

7泊なんてあっという間ですね。

11:05に飛び立つ飛行機を見送りマンハッタンに帰ってきました。

帰りのタクシーで奥様との思い出の余韻に浸りながら。

マンハッタン到着

マンハッタンをこう呼んでも良いでしょうか?地元と(笑)

気を取り直して早速スケートボード。

いつものトンプキンススクエアまでプッシュで行き、早速滑りました。

天気も良く、スケーターも多め。

そこで何とアクシデントが・・・。

右足首捻挫

いつも通り調子よく滑っていたのですが、スイッチスタンスのキックフリップと言う技をやっていた時です。

着地を失敗し、右足首を捻挫(汗)

せっかくニューヨークまで来たのに、ケガでスケートボードが出来なくなるとは。

とりあえず帰宅し、捻挫に備えて持参したサポーターと湿布を用意。

靴下を脱いで足首の具合を見ると、腫れてはいるもののそこまで酷くはなさそうでした。

過去に捻挫を何度も経験済みで、足首の靱帯も何度か伸ばしたことがあり、松葉杖生活も3回は経験。

その時よりは確実に軽傷なようでちょっと安心。

早く治すには動かさないのが一番。

でもせっかくのニューヨーク。

幸い捻挫の程度も酷くは無いので、湿布を貼りサポーターで足首をしっかり固定して過ごすことに。

ケガの翌日

ホセがやって来ました。

イッサンとホセ

ホセは前回ニューヨークでのルームメイトで、今回のステイ先であるウィルソン(ホセの兄)を紹介してくれた心優しきスパニッシュ。

そんなホセからある提案が。

「イッサン、ウィルソンの家に新しいルームメイトが来るから、今日から僕の家に来てもらっても良いですか?」

僕はもちろん、「ノープロブレム」

そう答えて早速ホセの家に引っ越しです。

と言っても同じマンションの違うフロア。

引っ越しは一瞬で終了(笑)

ホセの家にあがると、ホセのお姉さんもいました。

残念ながら写真はありません(笑)

昨日の今日なので足はまだ痛みますが、全然歩けました。

その日は食料を買う以外は外に出ず休養。

ケガをしてからのルーティーン

天気も良く、家にじっとしているのも勿体ないので、トンプキンススクエアに行って日光浴。

日本とは違い、公園で上半身裸になり芝生の上に寝転んで日光浴を楽しむニューヨーカーも多く、僕もそこに混ざり音楽聞きながら日光浴を楽しみました。

その後は足の事も考えて、移動はなるべく地下鉄。

スケートボードが出来ないので他に気になっていた場所へ行ったり、友人の仕事場や家にお邪魔させてもらったり、また違う時間を過ごしました。

ニューヨークで色々な人と話す時間がとても楽しかったのを憶えています。

足の具合と帰国

一週間もすれば普通に歩けるようになってきましたが、流石にスケートボードには乗れません。

仕方ないので予定を早めて帰国することに。

帰国三日前。

SSURでジュンさんことJUJUさんと色々話をしました。

その当時既にジュンさんはSONYと契約してて、「来年CDをリリースするよ!」と嬉しそうに言ってました。

帰りにはジュンさんに色々なお土産を頂き、本当に良くして下さいました。

キャメロン・ディアスを見たのもこの時でした。

ケガはしたけど、そのお陰でキャメロン・ディアスにも会えたので良しとしましょう(笑)

他の友人にも、ビールをご馳走になったり、ディナーをご馳走になったり、Tシャツを頂いたりと、帰国前にみんなの思いやりと優しさに触れました。

帰国のフライト

フライト時間よりも4時間も早く空港に到着(笑)

ゲートをくぐり搭乗すると、出発時刻になっても飛び立たない。

何と、燃料タンクが不調なため全員降ろされることに・・・。

4時間後、修理も終わったのか、搭乗が許可されて無事に離陸。

墜落せずに到着できるのかドキドキでした(笑)

無事に帰国

羽田空港に到着したのが夜の11時頃だったかな?

祐天寺にある東京の友人宅に着いたのが夜の12時。

そこから駅の近くの和民で飲んで、その後カラオケで盛り上がり、寝たのは朝の8時(笑)

昼に起きて駅まで友人に送ってもらい、無事に帰宅しました。

ケガはしたけど、今回も本当に良い旅が出来たと思います。

振り返っても、若いうちに好きなこと出来て幸せな人生を歩んでいると感じる42歳の春。

家族や友人、周りの環境に感謝です。

そして、ニューヨークでお世話になった皆さん本当にありがとう!

あれから18年。

一度もニューヨークへは行けてないですが、皆な元気にしてるかな。

ジュンさんも含め、日本人の友人の何人かは日本に帰って来てて、お会いできた人もチラホラ。

ホセやホセの家族も元気にしてるかな。

久々に連絡してみようかな。

本当に良い思い出、良い経験をありがとう。

コロナも収束しまた良い旅が出来ることを願って。

本日はこの辺で。

イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
過去の経験
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました