SUZURIで洋服づくり~自分の作ったデザインの商品を試し買い

経験

 



自分のブランドや好きなデザインの洋服が簡単に作れて販売できるSUZURI。

そこで作った洋服を実際に買ってみました。

SUZURI

前回紹介した記事がこちら↓↓

オリジナルブランドが簡単に作れてしまう時代~SUZURI
SUZURIを始めるのに参考になればと、デメリットなんかも書いてみました。自分でゼロから始める何てとてもじゃないけど無理!って方で、とりあえず自分のデザインを形にしてみたいって方には向いてるかも。これでガッツリ稼ぐのは難しいでしょう。

先ずはどんな物が出来るのか確認しなければ、よそ様に販売するわけには行きません。

と言う事で3種類ほど購入してみました。

  • ジップアップパーカー
  • ビッグシルエットパーカー
  • アノラック

届いた商品を確認して率直な感想です。

生地

良くなかったと言う印象です。

ジップアップパーカーの生地が薄く、ナチュラルと言うカラーを選んだのですが、下に来ているグレーのシャツの色が透けるくらい

ビッグシルエットパーカーの生地の方は先程の物よりは厚いのですが、それでも他の物と比べると少し薄いです。

アノラックの生地は普通かな~と思いましたが、脱ぎ着する時に凄い静電気(^^;

髪の毛が大変なことになりました(笑)

やはりアウターはアノラックではなく、フルジップアップがいいと思います。

生地はどれも「ユナイテッド アスレ」と言うメーカーの物が使用されていましたが、元々の値段が安い生地であるため、品質はそれなり。

購入前に、SUZURIをやっている方の動画などを見ましたが、それほど悪くないと言った評価でしたが、イッサンはダメでしたね(^^;

そう考えると、UNIQLOが使用している生地やデザインがどれだけ良いか分かります。

生地もしっかりしているし、UNIQLO U 等はデザインも有名な方がされていますので、やはり大きく違います。

ユニクロの無地の物を買ってきて、そこにプリントしてもらう方が断然良さそうです。

プリントのサイズと位置

こちらもあまり良くなかった印象です。

と言うのも、イッサンは写真を元にしたデザインを考えて、なるべく大きくプリントしたくて、パーカーやトレーナーなど、それぞれに最適なサイズにして位置などを決めていました。

パーカーには、お腹の辺りに大きなポケットがあるため、そこに被らない様にプリントの位置を配置していたのですが、ところがどっこい、いざ届いてみたらプリントがポケットの部分に被っているではありませんか。

SUZURIに問い合わせしたところ、この様な回答が返ってきました。

ご相談いただいておりました件につきまして、確認が完了いたしましたので、以下にご案内します。
お客様からお送りいただいた画像を元に確認しましたところ、「ボディの個体差によってどうしてもプリントがポケットにかかってしまうケースがある」ことにより商品不備ではないため、再製作の対象外と判断させていただきました。

プリント位置と大きさはSUZURIにとって大切なことだと思っていました

しかし、その辺りも個体差により上手くいかないとのこと。

まぁノーリスクで始められるので、これくらいのレベル何でしょう。SUZURI、とても残念です

良かったところ

値段です(笑)

普通のブランドの物と比べると半額以下。

まぁ、生地はそれなりですがそれっぽくは見えます。

SUZURIを利用するのは、自分で安くオリジナルプリントが作れて、あわよくば、それが売れたら良いかな?と言う人向け。

本気でSUZURIでブランド展開するのは無理でしょう。

なんせ、クオリティーが低いし対応も悪い。

SUZURIは簡単にオリジナルプリントの服やアイテムが作れて販売できると言うシステムを作った会社

そのシステムで儲けてますので、服をデザインする際の作り手の細かな気持ちなどは考慮していないのでしょう

お遊び程度で考えて下さい。

やはり服を作るのは、自分で生地も選べて、プリントしてくれる工場もしくはシルクスクリーンを作って納得のいく場所にプリントする方が良いでしょう。

友達に買ってもらわなくて良かった(^^;

今回はいい勉強になりました。

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
経験
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました