キャンプ道具の選び方~初心者キャンパーイッサンの選択

アウトドア

良い季節になり、イッサン家ではキャンプの話が出ました。

アウトドア用品は色々持っていますので、足りない物の中から、これだ!って商品をご紹介。

今回はテント編です。

テント

キャンプの必需品であるテント。

以前、家族や友人とキャンプに行った時はレンタルしました。

レンタルでも良いのですが、最近はテントも安くなってきているので、これを機に購入を考えています。

イッサンの購入条件は簡単に設営できること!

現地で手間取るのは嫌なので、簡単に設営できるワンタッチタイプのテントにしようと考えています。

その中でも候補が2つ。

1つ目がこちら↓↓


FIELDOORのワンタッチテントです!

税込み、送料無料で16,500円ですよ!?

メッチャ安くないですか?

キャノピーポールまで付いてこのお値段!

・3m×3mのゆったりファミリーサイズ(4人用~6人用)
・前後にD型の入り口
・ワンタッチ式のインナーテントで設営簡単
・ベンチレーション機能付き
・荷物や靴を雨から守れる床付きの前室あり
・豊富な収納ポケット

・キャノピー用ポール付き
・耐水圧1,500mm以上

これリーズナブルだし、第一候補としています。

もう1つ、イッサンの本命がこちら↓↓


QUICKCAMPのワンタッチテント。

こちらの方がデザイン、カラーも良い!

値段は税込み、送料込みで28,000円

特徴はこんな感じ↓↓

・2.8m×2.8mのゆったりファミリーサイズ(4人用~5人用)
・高さ1.9mで室内でもかがむ必要なし
・ワンタッチ式のインナーテントで設営簡単
・キャリーバッグ縫い付けの説明書には、設営説明動画へのQRコード付き
・荷物や靴を雨から守れる床付きの前室あり
・バックル付きキャリーバッグ

・耐水圧2,000mm

こちらは、キャノピーポールが付属していませんので、別売りでこちらが必要かと思います。


どちらも良いですね~(^^)

テントの購入で少し気になるのが耐水圧

FIELDOORのテントは耐水圧が1,500mm以上となっています。

QUICKCAMPのテントは耐水圧が2,000mm

そもそも耐水圧とはどんな基準で測定されているのでしょうか?

耐水圧

耐水圧の測定は、テントの生地の上に1cm四方の筒状の物を置いてその筒に水を入れ、どのくらいの高さまで注いだらそのテントの生地の裏に、水が染み出すのか?と言う方法で測定しています。

と言うことは耐水圧が1,500mmの商品は、1cm四方の筒状の中の水の高さが1,500mmまで染み出さなかったと言うことになります。

と言われてもピンときませんよね(笑)

一般的な傘の耐水圧が500~1,000mm程で、耐水圧が1,500mmと言うのは、強い雨にも対応できるくらいと言うことになります。

では、耐水圧が高ければ高い程良いのかと言うと、そうでもありません。

耐水圧が高い=雨は心配ないが通気性が悪い

耐水圧が低い=通気性は良いが雨に弱い

となりますので、耐水圧が1,500mmから2,000mmくらいの商品を選べば、バランスが良いと思います。

実際にレンタルしたテントは、耐水圧が1,500mmで、明け方に雨が降りましたが、全く問題ありませんでした。

耐水圧が2,000mm以上のテントは通気性も悪くなるので、冬キャン向けと言うことになるでしょう。

はてさて、どちらのテントを買うべきか。

先ずは大蔵省の奥様に相談ですね(笑)

皆さんも、簡単に設営できるワンタッチタイプのテント、価格もリーズナブルなので是非検討してみて下さい(^^)

本日はこの辺で。

~・~・~・~・~・~・~・

楽天市場で売り上げNo.1!

★★★★★4.47点と高評価!

1,000件以上のレビュー件数!

コンパクトでスマートな洗練されたデザイン!

多重保護で安心の品質!

スマホ、カメラ、パソコンの充電にも最適!

最高のジャンプスターターがこちら!↓↓

イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
アウトドア 便利
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました