大切なモノの預け先~安心と信頼

対処法

 



愛車を預けた時につくづく感じました。

大切なモノの預け先。

どこでも良いわけありませんよね。

友人の板金塗装屋さん

こちらが以前のブログです↓↓

やっぱり細かいイッサン~気になりだしたら寝むれない
せっかく出来上がった愛車ですが、ちょっと納得できない部分が。車も好き好きですので、とりあえず直っていればいい人と、以前の様にきっちりと直らないとダメ!って方も。イッサンは間違いなく後者。皆さんはどうですか?

早速、近所の友人である板金塗装屋さんに愛車を乗って行きました。

友人に事の顛末を話すと、直ぐに作業に取り掛かってくれました(^^)

色々なボルトを緩めて調整すること約2時間

100点満点!と行きませんでしたが、85点くらいまでは修正でき、チリが合ってきました!

流石は信頼できる友人

持つべきものは友とはよく言ったものです。

とりあえずこれで安心して乗れそうです(^^)

大切な物

自分のお気に入りの洋服や靴、アクセサリーやバッグに時計。

他にも、大切にしているぬいぐるみやラジコン、プラモデルやゲーム機。

それらがもし壊れてしまった時、皆さんはどうされますか?

専門の業者さんを探して修理に出したり、自分で何とかする人もいるでしょう。

前者の場合、初めてお願いする業者なら、一体どんな仕事をするのか半信半疑になるはず。

ネットで修理後の画像などがあっても、その物によって修正具合はいはまちまちです。

やはりこんな時、過去の自分自身の経験から、信頼できる業者を見つけておかなければなりません

イッサンの場合、近所の友人の板金屋さんがそうでしたが、今回はレアケースで、僕が塗装屋さんを選定する事は出来ませんでした。

結果、納得いかない仕上がりとなり、悩むことに。

そうなる前に、予め「これが壊れたらここに修理を頼もう」とか、「この人に先ず相談してみよう」と思える業者や相手を見つけておくことです。

イッサンの痛い経験からの教えです(笑)

世の中、物で溢れかえっています。

替えが効くものなら躊躇なく買い替えれば済むこと。

しかし、変えのきかない物も沢山あります。

イッサンのそれは愛車。

大切にしてきただけに、愛着も沸きますし、古い車なので、これと同じ車はなかなか見つからないでしょう。

車以外にも販売が終了して手に入らないモノも同じかな。

大切に使い、永く愛用できるようにするには、それなりの努力も必要ですね。

今回の様な不可抗力が働く以外は、自分で大切なモノを守りましょう。

皆さんにも、大切なモノの預け先、ありますか?

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
対処法
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました