焼肉三昧の三連休~2日連ちゃんで焼肉食べえれますか?

食べ物

7,8,9日の三連休。

そのうち2日も焼肉を食べてしまいました。

イッサン家では

たまにイッサンの父が食事に誘ってくれることがあります。

そんな時はいつも二択で、「寿司」「焼肉」

だいたい交互に食べに行っているのですが、その時の三姉妹ちゃんの意見で左右されます。

基本的に寿司の方が好きな三姉妹ちゃんたちなのですが、奥様とイッサンは断然焼肉!

ちなみに、イッサン家では、寿司と焼肉を食べに行くときは、大蔵省であるイッサンの父がいる時だけです(笑)

なので、家族5人で寿司や焼肉を食べに行ったことがありません!(^^;

どちらも庶民には高級すぎます・・・。

焼肉の起源

そんな高級な料理である焼肉。

一体どのように生まれたのでしょうか?

少し調べてみました。

日本人は昔、牛や豚の内臓を捨てて肉を食べていたそうです。

戦後の食糧難の時代、在日朝鮮人が、日本人が捨てた牛や豚の内臓を直火で焼き、闇市の屋台で提供し始めたそうです

それがホルモン焼きの起源だそうです。

それがいつしかロースやカルビなどの他の部位も提供するようになり、現在の焼肉になっていったそうです。

新年会

友人の誘いで、車好きが集まる新年会に行ってきました。

新年会の会場は焼肉屋さん!

イッサンは初めて行く焼肉屋さんで、ドキドキしていました。

何にドキドキしていたかと言うと、値段です(笑)

しかも、コースではなく、一品ずつ頼むとのことだったので、

いったいいくら用意すればいいんんだ??(;´Д`) と冷や汗が出ました(笑)

結果、幹事さんの知り合いのお店と言うことで、少し安心し、値段を気にせず食べることが出来ました(^^)

こちらが新年会で食べた焼肉の一部です。

これはどこの部位でしょうか?忘れました(笑)

このお店は七輪をテーブルに持ってきてくれるスタイルでした。

塩タン、カルビ、ハラミ、ホルモンと色々食べましたが、とにかくどのお肉も美味しくてびっくり!

腹がパンパンになるまで食べました(^^)

ちなみにお値段ですが、イッサンは飲みませんでしたが、お酒も飲んで一人7,000円でした。

焼肉2日目

この日は父とイッサン家でお昼に焼肉。

前日の夜に焼肉を食べていても、次の日に焼肉を食べられる確証があったイッサンは、新年会の次の日に父との焼肉ランチを承諾。

実際に朝起きてみると、「うん、全然いける!」という感じでした(笑)

父との焼肉は、いつもお店が決まっていて、店長さんも顔と名前を覚えてくれていて、サービスも良いので気に入っています(^^)

もちろん、お肉も美味しく、自宅でバーベキューをする時は、こちらの焼肉屋さんでお肉を購入しています。

こちらが2日目の焼肉の様子です。

このお店は、予めテーブルにグリルが設置してあるタイプです。

見て下さいこの国産カルビ!

脂がのって柔らかく、歯が無くても噛み切れそうなほどでした!

この日もお腹いっぱい食べて、大満足のイッサンでした(^^)

いや~、やっぱり焼肉って最&高!

お昼に食べ過ぎたので、晩御飯は抜きにしました(^^;

流石に夜になってもお腹はすきませんでした(笑)

それにしても焼肉って本当に美味しいですよね(^^)

このブログを書いている今この時も「焼肉食べたい~(>_<)」ってなってます(笑)

次回の焼肉はいつになるのか。

楽しみですね(^^)

皆さんも焼肉はお好きですか?

本日はこの辺で。

「イッサン」は保育園の時に友達から付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)

次女ちゃん→HSC,場面緘黙,母子分離不安症(小2で不登校気味→保健室登校→別室登校→現在は殆どの授業に参加中!)

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の43歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

色々な経験を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
食べ物
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました