スケートボードスクール~自分の通ってきた線路

スケートボード

初心者のスケーターにスケートボードを教えることになりました。

 



初めてのスケートボードスクール

今まで人にスケートボードを教えたことは何度もありました。

しかし、スケートボードを教えるだけの為にスケートボードをするのは初めて。

これはやはりスケートボードスクールと言っても良いのかなと思います。

人生で初めてのスケートボードスクール、開講です。

生徒さん

“生徒さん”なんて呼び方したら大袈裟ですね(^^;

でも雰囲気が出るのでそう呼ばせてください(笑)

今回は4名の方に教えました。

先ずはAさん。

42歳男性。

スノーボード、サーフィンをの経験者。

サーフィン練習用のYOWと言うスケートボードは持ってて、結構乗りこなせてます。

お次はBさん。

27歳男性。

趣味はトレーニングで仕事終わりにランニングしたり公園で懸垂したり、ジムでは180キロを担いで屈伸出来る程のキン肉マン!

横乗りスポーツは初めてで、ぎこちないながらもプッシュ、チクタク、ターンは出来ていて、現在オーリー練習で躓いております。

そしてCさん。

40代半ばの女性。

サーフィン初心者さん。

新型コロナウイルスが流行しだしてからなかなかサーフィンに行けず、サーフィン練習用にYOWを買ってサーフィンの練習を始めたところ、友人からトリック用のスケートボードを貰って乗っていたらハマってしまったそうです。

一人で近所の公園でスケボーの練習してると、警察官がやってきて職務質問されたと言う経歴の持ち主!

本物のスケーターですね~(笑)

他の生徒さんの中でもこの方が一番上手でした。

プッシュ、チクタクもあまりぎこちなくない動きで、オーリーも練習されてて少しだけ浮いてました。

ショービットと言う、板を横に180°回転させる技も練習中で、あと一息と言ったところ。

20代の息子さんと娘さんがいらっしゃって、その二人も同時期にスケートボードを始めたそうです。

息子さんはオーリー練習中になかなか出来ず、挫折してしまったそうです。残念。

娘さんはお仕事の都合で来られませんでした。

また次回ですね。

そしてなんとこの女性、もうお孫さんがいらっしゃるそうです!

ファンキーなグランドマザー!

2歳になるお孫さんをスケートボードに乗せて手を引っ張り遊んであげてるそうです。

2歳からスケートボードに乗せるなんて、英才教育ですね!

将来が楽しみです(笑)

最後は僕の友人D君

スノーボード経験者でスケートボードには全く興味がなかったのですが、僕が職場にスケートボードで現れだしてから気になり始め、最近では行くたびにスケートボードの話になります。

その友人も皆んなに混ざって一緒にやる事になりました。

平均年齢約40歳のスケートボードスクール開催です!

先ずはお手並み拝見

先ずは皆さんに滑ってもらい、それぞれの注意点を探ることに。

一番若い27歳の男性B君は、滑っているときに重心が高く、もう少し腰を落とすように教えると、滑りも安定。

チクタクもバックサイド(背中側)が苦手と言うことで、もっと上半身を使うように注意しました。

流石若者。

これだけでだいぶ滑りが良くなりました。

お次は女性スケーターのCさん。

プッシュ後の体勢や体の向きを注意した位ですね。

オーリーは苦戦していたので、コツを教えましたがまだまだと言ったところ。

ショービットもコツを教えたのですが、あと一歩のところで乗れない。

もっといい教え方があるのだとあるのだと思いますが、僕の指導力不足です・・・。

次回はもっといいアドバイスが出来る様に勉強しときます。

そしてAさんと友人のD君。

プッシュとチクタクは何とかできますが、まだぎこちないのでしっかり乗って慣れることを教えました。

しかし、他の2人がオーリーを練習しているのを見てやりたくなった様で、オーリーも教えましたが、こちらの2人はまだまだこれからですね(^^;

談笑~最高な気持ち

この日、早朝は小雨。

開始時間の9時には曇りとなり、10時には晴れてきました。

皆んなの日ごろの行いですね。

あまり休憩もせずストイックに滑ってましたが、少し休憩がてら談笑を。

皆さん同じことを言ってましたが、「心折れる所だった」そうです。

仲間いても近くには一緒に滑る人はいない。

一人で黙々と練習に励むがなかなか上達しない。

そりゃ心折れそうになりますよね。

「今日こうやって教えてくださったり、褒めて下さったりして、モチベーションが上がりました。ありがとうございます」

僕にそう言って下さったCさん。

僕は何とも言えない、心が幸せで満たされる様な、逆に僕がスケートボードに対して「ありがとう」の気持ちがこみ上げてくる様な。

そんな気持ちで満たされとても心地良い感覚になりました。

人は支え合い、誰かの役に立ちつ事が本質であるかの様な。

それを体現できた時の達成感の様な。

そんな素晴らしい気持ちにさせてもらいました。

その後、僕はテンションも上がりデモンストレーションとして色々な技を披露しました。

10年以上やっていない技が何度も決まり、生徒さんたちを更に沸かすことが出来ました。

アドレナリンがかなり出ていたのでしょうね(笑)

僕は今までスケートボードと言う名の列車に乗ってそのレールを走り、時には下車する。

そしてまた乗車する。

僕にはこのスケートボードの列車、レールが一番しっくり来ることがハッキリと分かりました。

人生の長い時間をスケートボードの列車に乗ってたんだな。

その感覚がハッキリと認識できました。

気持ちが満たされる。

そして心の中で自然とこの歌が流れてきました。

DJ ZEEK × 田中祥太 https://www.youtube.com/watch?v=dIKLHHSIDHk

受講時間は9時~10時の予定。

時計の針は12時を指していました。

生徒さんは今日のスケートボードスクールで自分の課題と練習方法が明確になり、是非次回もお願いします!と言っていただき、僕もやった甲斐がありました。

こう言うと自己満足ですが、ボランティアとは自分の気持ちを満たし豊かにしてくれる。

人の役に立つ。

自分の出来ることで。

スケートボード。

それが僕の役の立ち方の一つ。

昔には考えもしなかった僕のスケートボードの可能性。

それが分かった素晴らしい経験となりました。

次回開催を約束し、帰路に。

良い時間をありがとう。

本日はこの辺で。

イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
スケートボード
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました