次女ちゃんの様子~久々に朝学校まで送りました

次女

 



昨年の6月末から不登校気味になった次女ちゃん。

いつもは奥様が車で学校まで送っていましたが、時間の都合で今日は僕が送る事に。

最近はと言うと

毎日学校に行き、保健室登校し、平均3時間は教室で授業を受けられるようになりました。

これまでの1年5か月。

長い様であっという間でした。

とりあえず毎日学校に行けて、朝も泣かずに奥様と登校できる。

成長を感じる毎日です。

今朝は

久々にお腹が痛くなってトイレに入り、ママの出勤時間が来てしまった為、パパが送る事に。

トイレに入った次女ちゃんに、「パパが送るよ?」と言うと、「パパに送ってもらったら泣くかも(^^;」と返事が返ってきましたが、奥様も遅刻してはいけません。

もう一度、「ママが遅刻しそうだからパパが送るよ?それでも大丈夫?」と聞くと、わりかし大丈夫そうな声のトーンで、「うん」。

しばらくしてトイレから出てきた次女ちゃんと車に乗り込み、いざ小学校へ。

保健室で

小学校に到着し、次女ちゃんと保健室まで手を繋いで行きました。

どこへ行くときもパパの手を握ってくれる次女ちゃん。

僕もそれが凄く嬉しくて、長女ちゃんや三女ちゃんとパパの手の取り合いになる時なんて、幸せの頂点です(^^)

三姉妹ちゃんの中でも次女ちゃんが一番手を繋いでくれるかな。

保健室に到着すると、次女ちゃんと同じく常連さんの5年生女子が居ました。

次女ちゃんとも仲良し。

5年生女子が箱で作った猫を見せてくれて、その間に帰ろうかな~と思っていたら、丁度保健室の養護の先生が来られ、今朝の事情を説明。

「途中で調子悪いようでしたら、連絡ください。すぐに迎えに来ますので」と伝え、次女ちゃんにも、「お腹痛くて我慢できなかったら、先生に電話してもらい。パパが直ぐに迎えに行くから(^^)」と言って、帰ろうとすると、パパの手を握って離さず、僕のお腹辺りに抱きついてきました。

こうなると、次女ちゃん涙がポロポロ。

無理はさせてはいけないし、どうしたいかは次女ちゃんが決めれば良いと思ってますので、「どうする?ダメだったら一緒に帰る?お休みしてパパと家に居ても良いよ」と尋ねると、無言のまま抱きつく次女ちゃん。

そこへ、たまたま保健室の前を通りかかった長女ちゃん。

「パパ~」と手を振ってくれましたが、次女ちゃんの様子を察して、そのまま立ち寄らず教室に戻て行きました。

5年生にもなると、よく分かってるね。感心感心(^^)

話が逸れましたが、おそらく次女ちゃん、今パパと離れるのが寂しいだけで、一旦離れてしまうと大丈夫だと判断し、抱き着いてる次女ちゃんの手を持ち、「じゃあ、パパ行くから、ダメだったら電話してもらってね」と言葉をかけ、養護の先生に、「よろしくお願いします!」と言って保健室を後にしました。

次女ちゃんは泣いてましたが、パパが居て離れることがツラいだけなので、離れてしまって落ち着けば大丈夫。

自分にもそう言い聞かせて、車に戻り自宅まで帰りました。

もちろん、その間、色々考えますよ(^^;

色々な選択肢があるわけですから、そりゃあ多少悩みます。

でも、良い選択が出来たと思っています。

その後

11時58分頃、学校からお迎えの連絡がありました。

「朝よりお腹が痛くなったみたいなので、迎えに来てあげて下さい」

とのことでした。

在宅ワーク中で、午後から出勤のイッサンは、直ぐに小学校まで行き、保健室で待ってる次女ちゃんを迎えに行きました。

帰宅後、私服に着替えた次女ちゃんはパパにベッタリで、「もう少ししたらパパ仕事に行くけど、30分もすればママが帰ってくるから大丈夫よな?」と聞くと、次女ちゃんの目から涙がポロポロ。

今日は朝からイレギュラーだった次女ちゃんは、寂しいモードに入っているようなので、午後から有給休暇を使って休むことに。

安心した次女ちゃんは、パパの膝枕で寝てしまいました。

こんな時もあるよ。

今までずっと調子よくやって来られたけど、こうやってイレギュラーな事は絶対に起きるから。

それにも徐々に対応できるようになるのが成長。

この1年5か月で、大きく成長できた次女ちゃんなら大丈夫。

無理せず、ボチボチやって行こうね(^^)

次女ちゃんの予告通り、パパが送って行くと泣いてしまいました。

でも、これがずっと続くわけではなく、今だけのこと。

成長していくにつれて、自分で克服できるようになると思います。

久々に次女ちゃんが泣いてる姿を見て、家ではお姉ちゃんとしてしっかり何でもこなし、妹の面倒もよく見る次女ちゃんの姿とは違い、「まだ、か弱い小学3年生の女の子なんだなぁ~」と感じさせてくれる場面でした。

更に次女ちゃんが愛おしく思えた今朝。

こうやって世話ができるのも今だけと思うと寂しくもなりますが、成長を見ると嬉しい気持ちが心の中で大きく膨らみます。

子育て、本当に良い経験をさせてもらっています。

今は今しかない。

今を一生懸命に。

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
次女
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました