過去の経験~スケートボードをやりにアメリカへ(第4話)

過去の経験

毎日トンプキンススクエアで滑ってましたが、ニューヨークには他にも色々なスケートスポットがあります。

クイーンズにあるフラッシング・メドウズ・コロナパークでも滑ってきました。

 



フラッシング・メドウズ・コロナパーク

クイーンズにある公園で、大きな地球儀のオブジェがあることで有名です。

場所はこちら。

ココは昔、コロナ・アッシュ・ダンプスと呼ばれるごみ処分場だったそうです。

当時の公園管理官がこの場所に1939年の万国博覧会の会場を設営するために、処分場から出た大量の灰を周辺の高速道路の基礎に混ぜて処分したそうです。

その基礎大丈夫か?(笑)

そして無事に万博会場となり、ここで使用された建物のいくつかは、1946年に国連が設立され、1952年に国連本部ビルが完成するまでの間の仮本部として使われていたそうです。

1964年の万博では、この建物はニューヨーク市のパビリオンとして再利用されたそうです。

現在ではクイーンズ美術館として利用されています。

そんなコロナパークでのワンショットがこちら。

若かりし頃のイッサン

カメラマンは、一緒に同行してくれたグラフィティーライターの日本人が撮影してくれました。

良い記念です。

グラフィティー

ニューヨークには至る所にグラフィティーが描かれています。

中にはリーガルな物もあればイリーガルに描かれた物も。

今ではユニクロとのコラボで有名な、KAWSのグラフィティーも発見しました!

マンハッタンにて。

現代アーティストKAWS作品の魅力が詰まったKAWS UTコレクションの集大成 「KAWS:SUMMER」6月7日(金)より販売開始 - UNIQLO ユニクロ 
あらゆる人が良いカジュアルを着られるようにする新しい日本の企業、株式会社ユニクロ(UNIQLO CO., LTD.)の最新情報をお届けします。

これは恐らくイリーガルではないでしょうか。

リアルで見れるなんて流石ニューヨーク。

他にもこんなグラフィティーが描かれてました。

どれもハイクオリティー!

こんな高所にも。

これはブルックリンだったかな?

更にクイーンズには半端ない建物を発見。

建物一帯がグラフィティーだらけ。

グラフィティーのメッカと呼ばれる倉庫、通称5Pointz(ファイブポインツ)。

今は解体されてありませんが、その解体にまつわる凄い話があります。

2013年にのこ不動産所有者がグラフィティーを塗りつぶし、翌2014年に建物自体を解体。

これに対してグラフィティーアーティスト21人が視覚芸術家権利法違反による損害賠償を求めて訴訟を起こしました。

そもそも他人の建物に落書きをして、その建物を持ち主が解体したことに対しての訴訟なんてありえへん!と思いますが(^^;

そして裁判所の判決はこちら。

「ある財産が誰かの所有権である場合であっても、その財産が保護されるべきであると多くの人が認識しているとき、これを破壊する行為は芸術家人権法に違反する」

このような判決が出ました。

正直、何それ!意味わからんし!と思いました。

恐るべし、訴訟大国アメリカ。

まぁ確かに素晴らしいアートかもしれませんが・・・。

最近で言うとバンクシーみたいなものかな。

そして勝訴したグラフィティーアーティスト達は670万ドル(約7億2千万円)を得ることになりました。

額も半端ない・・・。

そんな建物を間近に見ることが出来て良かったです。

本日はこの辺で。

イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
過去の経験
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました