非接触式体温計~良い商品に当たったかも

便利

先日故障したうちの非接触式体温計。

その代替品で購入した物が届きましたよ。

体温計

先日のブログがこちら↓↓

非接触式体温計の故障~安かろう悪かろう?
お勧めの非接触式体温計をご紹介。選び方などを参考にしてみて下さい。子供たちが使うとなると、落下させて故障してしまうリスクが高いですよね。落下での故障は保証対象外。費用対効果で考えましょう。

この時に購入した非接触式体温計のレビューしたいと思います(^^)

購入した商品がこちら↓↓


値段もそれほど高く無い割に、日本製、1年保証ときています。

届いた商品がこちら↓↓

温度計のマークを押すことで、体温を測れます。

形もスタイリッシュですね~(^^)

それでは、以前使っていた体温計と比べてみます。

左:以前使用していた体温計 右:今回購入した体温計

サイズはかなりコンパクトになりました!

以前のものと比べると、液晶のサイズも少し小さめになりましたが、気になるほどではありませんでした。

正面はこんな感じ↓↓

手に持つとこんなサイズ感です↓↓

イッサンの手の大きさは、手を広げて手首から中指の先までの長さが18.5㎝ですので、標準的な成人男性の大きさだと思います。

こうしてみると、かなりコンパクトに感じます。

機能

もちろん以前のものとそんなに変わりませんが、1つ嬉しい機能?が追加されていました。

以前使用していた非接触式体温計は、脇の下で測る体温計と0.3℃以上の誤差が出ていました。

その為、既定の距離の5㎝よりも遠くに離し、約15㎝くらいの距離で測っていました。

それが良いのか悪いのか分かりませんが、そうすることで、本来の体温と同じくらいの表示にしていました。

しかし、今回購入した体温計は、「オフセット」と言う機能が付いており、実際の温度と測定温度に差がある場合、この機能を使ってその差を補正することが出来るのです。

この機能はレビューにも書いてあったので、もし測定した体温に差があったとしても、補正することで正常に使えるという安心感がありました。

これはあった方が良い機能ですね(^^)

説明書

日本製だけあって、ちゃんと日本人が作成した日本語の説明書が入っていました。

「当たり前やん!(笑)」ってツッコミ入れられそうですが、中華製の製品で日本語の説明書が付いている商品なんかでも、変な日本語で書いてあることが多いのです。

これ、明らかに日本人ちゃうな・・・って感じの文章で、とても違和感があるんです。

今回購入した製品の説明書がこちらになります↓↓

簡易的ではありますが、十分な説明がなされており、最後にQ&Aも記載されいました。

読んだ感じ、文章もおかしくなく、違和感もありませんでした。

日本人と認定します(笑)

使用感と誤差

早速体温を測定しましょう。

その前に!説明書にはこう書かれてありました。

「乾電池を入れた後、30分程経過してから使用を開始して下さい。」

そんな家電製品初めてです(笑)

理由ですが、「電池を入れた直後は暖機運転が必要」なんだそうです。

そんなこと聞いたことねーし(笑)

まるで車みたいで良いじゃないですか(^^)

説明書通り30分待ってみるとしましょう。

・・・30分経過・・・

それでは、今回購入した非接触式体温計で測定して、脇の下で測る体温計と体温の差を見て見ましょう!

なんと、誤差は0.1℃!

これは精度が良いのではないでしょうか!

これからも安心して測定できますね(^^)

当たり前ですが、ボタンを押して1秒ほどで「ピッ」と鳴り、測定されますので、一瞬です。

毎朝お子さんの検温を脇の下で測られている方、かなりの時短になるので、絶対おすすめです!

非接触式体温計の購入でお悩みの方は、是非こちらをお試しください。

価格も2,000円を切ってますので、かなり安いと思います。

安心の日本製。

後は耐久性を確認しながら、またレビューしたいと思います(^^)

本日はこの辺で。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

日本製!

1年保証!

評価★4点以上!

イッサンも愛用中の非接触式体温計♪


イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
便利 子育て 学校 家電 対処法
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました