スケートボード歴29年の感覚~テールと思ったら

スケートボード

 



先日購入し、デッキテープを貼ったNEWデッキ。

ノーズとテールの向き、間違っていたようです(笑)

感覚

スケートボードスクールの日、このデッキを降ろしました。

DIAMONDのデッキテープを貼った時は、向かって左がノーズ、右がテールと認識していました。

なぜかと言うと、デッキテープを貼る面に、この刻印があったからです。

デッキの幅をインチで表記してあります。

7.625インチ。

これがテール側のトラック取付位置にあると、勝手に思い込んでいたのです。

向かって右側がノーズですが、逆さまの状態でこちらに刻印が。

何と、この刻印がある方がノーズ側でした。

刻印を打つ時に、誤って逆さまに打ってしまったのでしょうね。

騙されました(^^;

初めて乗った瞬間

スケートボードスクールの時、初めて乗り、テールを踏んだ瞬間、「ん?何かキックがキツイ??」と思いました。

しかし、ノーズが逆だと思っていたので、違和感を抱えたままの滑っていました。

完全にデッキのDIAMONDの柄に惑わされて、体では分かってたけど頭がついて行きませんでした。

これこそまさに錯覚。

後日、もう一度乗って確信しました。

ノーズとテールが逆になってる!

流石、29年間スケートボードに乗っているだけあるな~、と自分で感心しました(笑)

早速、前後のトラックを取り付け直し、これでOK。

検証

それでは、実際に検証してみましょう。

同じ場所で、ノーズとテールを踏んだ時の角度で分かります。

ノーズの方が反りがキツイので、ノーズを踏んだ時の方がデッキの上がる角度が大きくなります。

地面でノーズ若しくはテールを踏み、ブロック塀にデッキの反対側を当てて高さを比べます。

左側の方がデッキが高く上がっているのが分かりますよね。

と言うことは、左側の画像に写っているのはテールと言うことになります。

やっぱり逆さまのでした(^^;

デッキテープの柄

デッキテープに付いているDIAMONDの柄。

逆になってしまいました(笑)

こちらがノーズで、

こちらがテール。

(笑)

つまり、こうなります。

逆さDIAMOND(笑)

やってしましまいた(^^;

まぁ、滑れるからいっかぁ(笑)

長年同じことをやっていると、体が覚えてるんですね。

自分の感覚も捨てたもんじゃない。

そう思えた出来事でした(笑)

皆さんも、視覚的な効果に惑わされず、自分の感覚を信じてみても良いかも知れませんよ。

逆さまのDIAMONDのデッキテープのデッキにのっている人の出会ったら、それ、僕ですので(笑)

その時は是非お声をお掛け下さい(笑)

本日はこの辺で。

 



イッサン

「イッサン」は保育園の時に付けられたニックネーム。

アイコンは自作の煉獄さん。

可愛い三姉妹と奥様の5人家族。

長女ちゃん→難病の神経線維腫症1型

次女ちゃん→保健室登校中でHSC,場面緘黙,母子分離不安症

三女ちゃん→いつもニコニコ元気な園児

趣味は読書と車とスケートボード。

人生を上手く渡ってきたつもりな1979年式の42歳。

経歴→元携帯電話ショップ店長、元スノーボード&スケートボードショップ店員、元中学校生徒指導員、元美容師etc... そして今は会社員。

21歳の夏、愛車エルカミーノを売り払い、単身ニューヨークへ。三か月間ステイして毎日スケートボード三昧の生活。そして翌年も渡米。そのまま突っ走るつもりが、今の奥様と出会い、暖かい家庭を築くことに。

そんな自分が会社員である違和感を抱えつつ、家族との愛を育みながらながら、育児に奮闘する毎日や趣味の事などを綴っています。

多彩な経験と知識を活かして、少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。

イッサンをフォローする
スケートボード
スポンサーリンク
イッサンをフォローする
三姉妹のパパ!イッサンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました